宇田川グループの中核的役割を果たす武蔵商事株式会社は1956年に創業し、今年で60年を迎えます。その起源は荻窪駅前に映画館2館を開発し、経営にあたったことに遡ります。

当社の基幹業務である不動産賃貸業に進出したのは、1967年に「武蔵ビル」を荻窪駅前に開発し、株式会社西友(現・合同会社西友)に賃貸したことから始まります。

1983年11月には荻窪駅北口地区市街地再開発事業として駅ビルである「荻窪タウンセブンビル」を開発し、今では荻窪の顔として地元の皆様に生活上の利便を提供しています。

不動産開発では、1985年、荻窪駅南口に複合ビルの「グローリアビル」を竣工。1988年には「ピア小金井(賃貸棟)」、1990年には、現本社ビルである「武蔵館ビル」、2006年には、「シンフォニーアンダンテ荻窪(分譲棟)」「シンフォニーシティ荻窪(賃貸棟)」のツインタワーを開発し管理運営。さらに2010年7月には、「フォルテ荻窪(賃貸棟)」、2012年11月「ピアニッシモ荻窪(賃貸棟)」、2014年2月「レガート武蔵ビル(賃貸ビル)」を竣工させ、2014年3月「メゾピアノ荻窪(賃貸棟)」を取得致しました。

飲食業では「荻窪タウンセブンブル」の1階に〔ラーメン居酒屋「はなや」〕、2階に〔カフェバール「BLOOK MARKS」〕を運営しており、2015年4月には三店舗目となる〔パティスリー&ビストロ「Harmonie」〕をOPEN致しました。

 

当社は、経営理念である【全従業員の物心両面の幸福を追求し、街づくりを通して地域社会の発展に貢献する】の言葉の通り、社員を大切にし、地元荻窪の更なる発展・繁栄を目指しています。

copyright 2016 Musashi Holding co., ltd all rights reserved.